061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

昨日の記事

昨日の記事で、「工賃を頂くお仕事にしか云々」って書きましたが、考えてみたら、あの書き方だと不愉快に感じる方もいるかなと思って、ちょっとフォロー。

あの文章は、「うちの子」を想定して書いてたので、あんな表現でした。
見学に行った施設の方たちは、毎日同じ場所に通勤してお仕事されてて、私はちゃんと「お仕事があるって素晴らしい。お仕事が出来るって素晴らしい」と感動しました。
障碍のある方たちに、お仕事を依頼する企業の方々の理解も素晴らしいと思っています。

でも、障碍の重い方は、障がい者年金とか頂けるので、先輩のお母さんのお話を伺ったら、その年金を割と頼りにしてるのです。
福祉サービスも色々ありますし。
将来的にグループホームにお子さんを入所させたいって思ってらっしゃる方も、「うちの子の場合、障がい者年金がこれくらい貰えるから、それとこれをやりくりして、何とか生きて行って貰う」みたいな。
親がずっと生き続けて、障碍のある子の面倒を見られる訳ではないので、最終目的地は、親亡き後の自立になるのです。

「うちの子」を想定して書けば、「うちの子」はその年金を頂けない区分になります。
同じくらいの区分の子を持つお母さんが、以前そういう福祉事業サービスの方とお話したら、「お宅のお子さんは、障がい者年金は貰えませんから、頑張って一般企業に勤める選択をされないといけません」的なことを言われたそうです。

「えー、〇〇ちゃんでそうなら、うちも一緒じゃん」と思って、急に現実が圧し掛かってきました。
お給料貰える仕事に就かないと、うちの子は将来貧困層まっしぐら……生活保護を受けないと生きていけないかもしれない、でもそんな手続き、うちの子に出来る?書類書いたり、何かの証明書取ったり出来る?ていうか、市役所の窓口に相談、行ける?行けないでしょってなりました。
それに、市役所行くのにも電車賃いるし。(車の免許なんか取れないし)
お、恐ろしい。

マクドナルドのダブルチーズバーガーセット食べたくなっても、「1時間分の時給で考えると」とか、「工賃がこれだけだから、チーズバーガーセットは〇〇の作業数時間分」とか換算しちゃいます。

そんな理由で、「工賃を頂くお仕事」を下に見ているという訳では無く、自分の子どもの場合を考えて、ああいう書き方になってしまいました。
不愉快に思われた方がいたら、すみません。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル:育児

プロフィール

銀色金魚

Author:銀色金魚
アニメ、漫画や本など、興味のある事を無責任に書き散らかす場所です
ネタバレを普通に書き込んでるので、注意して下さい
管理人への連絡は拍手ボタンをご利用下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

Amazon

楽天市場

楽天市場

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ