FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

category :BLOOD+

勝手にZABADAKリレー(笑)

ふとアニソンが聴きたくなって、YOUTUBEを辿ってました。
ひとつ見てたら&聴いてたら、隣に関連画像みたいなのが並んでるじゃないですか。そこに懐かしのZABADAKがありまして、「うおおおーーーー懐かしいーーーー!!!」と、勝手にZABADAKメドレーしてしまいました。
私の時間を返せ(笑)。
いえそれは冗談ですが、歌を聴いてしんみりとしてしまうのは、何年経っても同じですね。

「ハーベストレイン」(綴りがすぐに出ない)とか「二月の丘」「遠い音楽」「満ち潮の夜」「五つの橋」とか好きでした。あ、今も好きな歌です。ドライブのBGMには向かないけど。

で、「休まない翼」という歌があるのですが、私はこの歌をモチーフにした?あれ?インスピレーションを受けた?何て書いたら分かってもらえるのかよく分かりませんが、とにかくこの歌から以前、BLOOD+のSSを書いたなぁと思い出しました。





SS書くのにBGMにしたんだから、家の中を探したらCDがあるはず。また探します~。

ZABADAKリレーをしてたら、ついでに遊佐未森さんまで辿ってしまいました。
「地図を下さい」とか「夏草の線路」なんかが大好きでした。いやいや、今聴いても大好きです。
「夏草の線路」は画像がすごくて、私のイメージしてたそのままの物が出てきたので驚きました!

年齢もどこの人かも、性別すら全く知らない赤の他人なのに、同じ歌で同じ世界をイメージしてたんだなぁと、感動しました(笑)。

遊佐さんのあの軽やかな透き通る歌声(それでいてひたむきさを感じる歌の世界)は、小夜をイメージするのにぴったりで、SSを書くのによくBGMにしてました。

後半になるに従って、段々鬼束ちひろさんの歌の出番が増えましたが。

遊佐さんもZABADAKも、思い切り日本人なのに、異国風なビジュアルが頭に浮かぶのが好きです。
「五つの橋」なんて、どー聴いても私の中に中世ヨーロッパ(風、ですよ。実物は知らないから)の風景が浮かびます。
スポンサーサイト

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

じーん

動画サイトでアニメの主題歌なんか聴いてます。
アクエリオンとか何回聴いた?ってくらい聴いてる。いい歌だわ~。
「うみねこのなく頃に」の主題歌・片翼の鳥も好き。ドラマチックな歌で。
キャラソンではベアトリーチェのチェインが好き。中の人、歌、上手~い。(これもかなりリピートして聴いてしまいます)

で、私はCDを持ってますが、動画では見た事が無かった鬼束ちひろさんの歌もサイトで見てしまいました。
懐かしい。
私はBLOOD+のSSを書いてた時、鬼束ちひろさんの歌詞のイメージにかなり助けてもらってました。
動画を見てたら、やっぱりこのイメージだなぁと思いました。だから懐かしかったです。

小夜のイメージは「眩暈」、ハジのイメージは「わたしとワルツを」でした。
今聴いても、「そんなに遠いイメージじゃないよね?」と思ったり。

そんな訳で鬼束ちひろさんの歌を聴くと、条件反射のように小夜とハジが思い出されます(笑)。




以前の記事に拍手を押してくださってありがとうございました。

テーマ:ヲタク人日記
ジャンル:アニメ・コミック

拍手レスです

久し振りだったので、立て続けにお話が出来て自分でも感心しました(笑)。
最近は萌えも落ち着いてましたが、それでもちゃんと「BLOOD+」という作品は、心の中でしっかり根っこを下ろしてるんだなぁと思いました。

どーでもいいですが、舌が痛いです……(涙)。早く治って〜。

以下拍手レスです。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

書いてるような、まだ頭の中にあるような

二時間サスペンスのミステリー部分抜きというネタがあるので、それをいじってる最中です。
ミステリー部分抜きっていうのが私らしい。
つまり設定だけという。
お話未満なので、箇条書きで「こんなネタなのー、でもミステリーに出来ませ~~ん」と無様に晒してもいいのですが(私も物語に出来ないだろうと分かってるし)、せめて文章は整えようと思って、きちんと順番に頭の中で並べてます。

日の目を見る事が出来るかどうか。

同じように頭の中で作ってるハジの話もあります。
これはずっと昔私が子供の頃見たドラマがベースになってて、「これにBLOOD+風味を加えたらどうかなー」みたいな。
パロディという感じで。

これはすごく短いから、もっと整理出来たら書けそう……な、気分。
同時にふたつ頭にあるから、忘れないように単語だけメモしておきます。
上のネタは予約投稿にしてあるから多分忘れないような気がする。(私はブログに直接書き込んでます)
「百合の香りのする女」って感じです。百合の香りじゃなくてもいいんです(笑)。
とにかく花の香りのする女でないといけません。バラじゃなくて、香りが強くて、しかも据わりのいい名前の花で、とりあえず百合。
ジャスミンとか……クチナシとか……駄目だ、やっぱり百合がいい……。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

拍手レスです

雨の話を再録したところ、拍手を押してくださる方がいらっしゃったので大変嬉しく思います。
最近はBLOOD+の話題も減ってきましたが、まだまだそちら関係の方が読んでくださるのだなと感動しました。

雨という小道具というか状況は、結構使いやすくて良かったです。
使いやすい……30年後設定なら、「傘を忘れた小夜のために、ハジが届けてあげる」という感じで使えましたし。
あと、傘の中の距離で近づけるとか、使いようでは大変便利でした。(雨が降ってるから帰れない=2人きりになれる……とか)


自分の書いたもの全部読み返す時間と根性が無かったので、もしかしたら雨ネタがまだあるかもしれませんが、一応思い出せたのはこのくらいでした。


以下拍手レスです。N様へ。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

書きかけのお話

年末あたりにせっせと書いてたシュヴァリエの話。
何か書きにくくなって止まってますが、なかなか再開する気力が湧きません。
自分の中で1本線が出来てて、それを文章に起こすだけといえばそうなんですが、頭の中で「完了した話」になってしまったのも原因かも?

頭の中でぐちゃぐちゃ弄りすぎて、「おし、これで行こう!」と思った瞬間、全て「終わってしまう」というか。
書きながら完成させるタイプの話は、未完了だから書き上げて、「完成形」を自分で見たいという気持ちがあるというか?

でも最大の原因は分かってます。

「起承転結」で、起承の部分まで書いたんです。
「転」の部分で、とある事象を使おうと思ってました。
漫画などのフィクションでは、一番簡単に使えるドラマティックな『あること』です。

ところがその『あること』が、最近現実に起きました。
フィクションなら「ドラマティック」な出来事で済みますが、現実ではまだ記憶が新しいので不謹慎だし使えません。

これに変わる「転」に使える事象が思いつかなくて。
もうひとつあるんですが、これを使うと更に説明が長くなりそう。
(ただでさえ、説明部分がだらだらしてる話なので、「飽ーきーたー」とか思ってたのに・笑)

そんな訳で、なにか「これ使える!」と思ったのを考え付いたら、話も再開出来るかもしれません。

でもあんまり頭の中で、あーでもないこーでもないと考えすぎて、しかもオチまで頭の中でついてるから、書きにくいです(笑)。
途中まで文章をたくさん書いたので、ボツにするのが勿体無いです。

オチをつけないまま、「未完成で~す。いつ完成するのかわっかりませ~ん」という状態で出したら……いやいや、それは私自身がイヤ過ぎる…(笑)。




金田一少年が好きなので、ブログパーツを見つけてくっつけてみました。
選択した文章が切り張り文字になって出てきて、これはこれで面白いですが、……まぁ…それだけ?
しばらく楽しいのでくっつけておきます。

金田一少年も大好きなので、自分のブログに関係したモノがくっついてるのが嬉しいです。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

N○Kスペシャル

何気なく新聞のテレビ欄見てたら、今夜のNHKスペシャルに興味を持ちました。
見ないけど(ごめんなさい)。

「3年しかもたない男女の恋愛」だって書いてあるんですもん。
BLOOD+ファンなので反応してしまいました(笑)。

やっぱり30年寝て3年起きてる女王と、眠らないシュヴァリエにとって、この女王の3年の活動期間を共に過ごすというのは、「永遠に恋愛状態」でいられるということではないかと考えてしまいました。

渇望する期間が30年もあって、甘い甘い恋愛期間が3年あって、「もっと一緒にいたい」と思いながらまた離れ離れというのは、何という飴と鞭!そのまんま。
これなら確かに永遠に伴侶でいられますね。


ディーヴァのシュヴァリエ達(特にソロモンやカール)は、元々彼女本人を知らないうちに無理矢理シュヴァリエにされちゃったから、他に魅力的な女性(小夜)がいたらそっちに行くなぁ…。
だって元々ディーヴァに対して明確な愛が無かったんだから(涙)。

ディーヴァもそれは感じてたんだろうな。
小夜とハジの対極にいるなぁ…(涙)。




どうでもいいけど、頭の中に漫画が出来たけど、これは文章に出来ません(笑)。
だって顔と雰囲気だけの漫画なんですよ。背景も無いよ。小夜の表情と台詞だけ。これは私の力では、文字に出来ない。
かといって十年近く漫画を描いた事が無いので、今更漫画が描けるでもなし。

我ながら困ったものです(笑)。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

ありがとうございます!!

今日もパソコンを開いたら、お年賀を頂いてしまいました!
わーい、嬉しいです〜〜。

樹様から、イラストを頂きました。
早速展示させて頂きます〜。
ありがとうございました。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

何か悟ったというか、見えた

結構前のカイと双子ちゃんの話を書いたら、BLOOD+熱が一段落したような気がしました。
それなのに今でもちょこちょこと書いてるのは、それでもまだまだBLOOD+に愛があるというか、はっきり書けばハジ小夜LOVEだからです(笑)。

とりあえず自分の中では「一段落した~」という気持ちがあるのに、「いや、まだ書き忘れてるものがあるでしょ?」という忘れ物をしてる感覚も残ってて。
でもずっとそれが何なのか分からなくて。

もうハジ小夜でいちゃこらさせても「もう私の書けるいちゃこらパターンは書き尽くした…もうこれ以上、何を書いても同じ」とも思ってて(笑)。
顕著にそれを感じるのは所謂18禁(笑)ネタ。

もうこれって、生物が発生した頃からもうオスとメスがいるなら最終的にすることはひとつ状態なので、自分ではハジと小夜で書くのに飽きたというか、もう「いやもう、オチは決まってるし」みたいになっちゃったし。
「そこに持っていくのでパターンがあるでしょ」と思うのですが、「そこへ持っていく」までのいちゃこらパターンが、逆さに振っても鼻血も出やしないになってるし。
基本、引き出しのネタが少ないです。

で、忘れ物が何なのか分からなかったのです。
「あれ?何を書いたら満足するんだっけ?」って。
分かってたのは、「まだハジ小夜では終わってないなぁ」という気持ちがあるなという事だけで。

でも昨夜テレビを見ていたら、突然気付きました!
あれを書いたら終われるんじゃないの!?って。てゆーかむしろ、「私はそれを書かないうちは、ハジ小夜に終止符を打てないーー」という気持ち。

そんな訳で、まだBLOOD+の世界で遊べそうです。わーい。
というか、何時まででもハジと小夜で遊んでいたいなという自覚もあります。
とりあえず、無駄な解説がやけに多い話を書き終わってからじゃないと、新しい話で遊べません…。
頑張ろう。



変な話、私の中では順番があるんです…。
全く時系列がバラバラなようで、でもそれを書いてる私には、その話でハジがこの台詞をいうのは、きっとこんな気持ちから、とか、小夜はこう考えてるかな?とか、時間の経過によって考えてる内容が変わったりするし。

だから↑で書いた「終われそうな話」を書くためには、今やってる書きかけの話を終わらせないと手が付けられないというか。
融通が利かないです…orz

でも今の作品に対しての感じ方で、BLOOD+の初期の沖縄編とか書いたら、アニメ放送時に書いたものとまた雰囲気が違ってるんだろうなと思うと、ちょっとやってみたいですね。

年末なので、ちょっと決意表明ぽくやってみました。
でもそれが何時書けるのかは全くの謎です。
今書きかけのも終わらないのに、いつか書きたい話のことなど語っても仕方ないけど。





全然関係ないですが、今日はちょっと遠くの交通公園へ子供を連れて行きました。
休みのうちじゃないと連れて行けない。
かといって土日じゃ混んでる?と思っちゃうし…。
上の子は小学生なのでどれも一人で乗れますが(ゴーカートは無理)、下の子はまだまだ「保護者同伴で」となってるので、付き添いで乗らないといけないわ。
せこくて申し訳ないですが(笑)、「私の分のチケットが勿体無い…」と思ってしまう…。安いから良いんですけど。

私はメリーゴーランドもバイキングもなんか訳分からん浮かれたイルカなんか乗りたくないのに…その分子供に何回も乗せてあげたい…(笑)。
でも保育園児のうちは仕方ないですね。
下の子が小学生になる頃には、もしかしたらこの小さな交通公園は物足りなくなってるかもしれない。

一緒に楽しめる今を楽しみましょうという気持ちになりました。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

世界観

昨日の「物語に入るまでの前置きが長いのは、投げ出したくなる」云々と書きましたが。
私が想像してたのは、横溝正史先生の「女王蜂」でした。
あれは確か、物語の発端となった舞台「月琴島」という架空の島の説明を延々とやってたような記憶があります。
大分前に読んだので、ちょっと曖昧ですが。

伊豆からどんだけ離れてる~とか、昔は罪人が流された~とか、それも高貴な人が流されて来て島の娘と契ったので、びっくりするような美女がたまに生まれてきたりする~とか、確かそんな感じで。
(何しろ曖昧なので間違ってたらすみません)
とにかくそんな感じで、島の閉鎖的な部分とか、雛には稀な美女がいるとかを説明してました。

でもこれは探偵小説だから。
割と頑張って読みました。(実際面白かった)

探偵小説というのは、大抵依頼人に依頼されてから動くものなので、物語が半分過ぎてから主人公(探偵)が登場しても気になりません。
あ、でも島田先生の「斜め屋敷の犯罪」は、読んでも読んでも御手洗せんせが登場しないので、悲しかったです。
あの人は金田一さんのように、「探偵が登場してるのに、まだ被害者が出る」という事にはならない…確か?…ので、登場したら確実に物語が終わるんです(笑)。
「斜め屋敷」は本当に、最後に出てきたと思ったら、待たせた分だけ弾けっぷりが物凄くて、あれはあれで面白かったです。本当に。……あのトリックにはギャフンですけど。いや文句は言わない。

話がずれましたが、探偵が物語の最初から登場すると、死神の扱いをされそうです。
「名探偵○ナン」とか、彼の行く先々で事件が起こってますよ。
目暮警部なんかが「また君たちか~」と言ってますが、まったくそうです。既に死神です。
(金田一少年もそのタイプ。彼なんて幼馴染とかクラスメイトとか、何人死んでることか)

とりあえず、開き直って説明文を書いてます(涙)。
「私は今、月琴島の説明をしてるんだわ」と思いながら書いてます。

そういえば、ふと気付きました。
ジャンルが円熟すると(別の表現では衰退に向かうとも言う)、パラレルとか見かけるようになりますが。
私が書きたい話は、もしかしたらパラレルかもしれないと思いました。
でもハジが女体化するとかアラブの石油王になるとかスーパーゴージャスハイスペックな映画スターになるとか宇宙人になるとか、そういう類のパラレルではないので、微妙ですね。(実はやってみたい)

…私が今まで見た事のあるパラレルは、大体攻めが大金持ちだったり大企業の社長だったりして、受け(何故か酷い過去持ち)を攫いに来るような話が多かったので、ハジ小夜で考えたくなりました。
でもハジをIT企業の若くてやり手の社長にするのかと思ったら、笑いが止まりませんでした。
…そういう世界を知らなさ過ぎて、書けません!(もうIT企業で設定するのは古い?)

でも自分で書いてるのは、どういう感じ?と聞かれたら、BLOOD+の世界と設定を使ったパラレルかな~と答えて間違いじゃ無さそう……。好き嫌いが分かれますね。



どうでもいいですが、来春も2時間ドラマで、稲○吾郎さん主演の金田一耕助シリーズをやってくれるんでしょうか?
稲垣金田一さんはなかなかユニークで、私は好きです。

調べたら、「悪魔の手毬歌」をやるみたいですね!わーい!
「悪魔が来りて笛を吹く」から2年とか書いてあったから、今年の1月にはやってなかったの?
あれ?何だか毎年稲垣金田一に会ってるような気がしてました。(じゃあ「女王蜂」も随分前だったのね)

稲○吾郎さんは、もう35歳なんですか?
金田一耕助さんは、「30半ばくらいの男」みたいな年齢描写があるから、すごい、役を演じるのに適齢期じゃないですか!
何だかそれだけで、「リアル金田一さん!」とにやにやしながら見ちゃいますよ。

テーマ:管理人日記
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

銀色金魚

Author:銀色金魚
アニメ、漫画や本など、興味のある事を無責任に書き散らかす場所です
ネタバレを普通に書き込んでるので、注意して下さい
管理人への連絡は拍手ボタンをご利用下さい

最近の記事

カテゴリー

リンク

Amazon

楽天市場

楽天市場

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

鯉と金魚にエサをあげられるブログパーツ